imacoco ~手相・九星気学・易占 

東京都府中市で手相鑑定・九星気学の運気鑑定・易占をやっています。日々、開運活動にいそしんでます。

夏越の大祓 と雑談

 

f:id:misaroundf:20190630125426j:image

今日は6月30日。大國魂神社の夏越しの大祓に行ってきました。

雨が降ったり降らなかったりというお天気でしたが、たくさんの人が茅の輪をくぐっていました。

私も、今年前半の穢れを祓ってスッキリ!

来月からまた元気に活動します。

それにしても今年もう半分過ぎったって、ビックリ~。

 

おみくじ大吉いただきました!

f:id:misaroundf:20190630125705j:image

今回も「目上の人の助け」運。いったい誰なの、私の目上の人。

 

 

さて、友人Dから聞いた話です。(ザックリ脚色もしています)

同僚4人である家に伺うことになり、「手ぶらも何だからみんなでひとつ」手土産を、という話になったところ、Aさんはすでに自分でお菓子を買って用意していました。

するとBさんが「じゃあ、それを連名にしよう」

Aさん「1000円のお菓子を4人の連名にするのはいかがなものか」

Cさん「手土産は気持ちだから、金額は関係ない」

ということで、1000円のお菓子を4人の連名にしたのだけれど、それは常識的に考えてどうなのでしょう。

とのDさんからのご相談でした。って、嘘!相談されていない!

雑談で聞いた話を勝手にネタにしただけです。(ごめんね~!)

 

この「手土産は気持ち」問題いろいろ考えさせられました。

 

大昔、私は「和田裕美の  人に好かれる話し方教室」というセミナーに通い(ハマってたのよね)、その中で「喜び方」というのを習いました。

 

以下、その時の講師(和田裕美さんではなかった)のお言葉です。↓

 

例えば、甘いものが苦手なのにケーキをいただいた。その時、あなたはどうしますか?

『実は甘いものは苦手なの』と正直に言いますか?

 

または、あなたこの作家好きだったよね!とプレゼントされた本がすでに読んでいる本だった。その時、あなたはどうしますか?

『これもう読んでる』と正直に言いますか?

 

正解は、ただ「嬉しい!ありがとう!」です。

なぜなら、嬉しいのはもらったものではなく、ケーキでも、本でもなく、プレゼントしてくれた人の心だからです!

その人の気持ちに感謝して、喜びましょう!

「嬉しい」を思いきり表現しましょう!!

 

と、この後、2人1組になって「嬉しい!ありがとう!」の練習をしたのでした。

(当時の参加者のみんな元気かな〜)


そう。喜ぶべきは、ゲンブツではなくココロ。気持ち。

なら、「手土産は気持ち」「金額は関係ない」は、ある意味正しいと思います。

でも、それは、あくまでも、もらう側の立場で、ですよね~。

 

あげる側が「気持ちだから。金額じゃないから」って言ってしまうのは、おかしいと思います。

 

これ、最近、神社のお賽銭でも思ったことあるんですよ。

「神様は金額なんか気にしない」

「私は常に5円しか入れない」

「心から祈る気持ちが大事」

と言う人が、神社のご利益について熱心に語っていたのですけど……

 

ご利益をいただいているのなら、神社にはお金でお返ししたら?

神様は金額を気にしないかもしれないけど、おまえは気にしろ

と、思ったわけです。笑

まあ、そんな私も大金包んでるわけではないですけどね。

 

 

ちなみに、既読の本をプレゼントされたらってヤツですが、実際にありました。

「美鈴さん、浅田次郎好きだって言ってたよね」

と、もらったのが、文庫本!

(いえ、文庫本が悪いんじゃありません。要はタイミングの話)

「うん。好きだからハードカバーのうちに読んでるね。これ」と間髪入れずツッコミました。「しかもこれ、読んだあとあるよね」

「あ、バレた?先に読んだんだ。ごめん」

「先にじゃないよ。私はもうとっくに読んでるよ。単行本で」

こんな風に言い合える関係では、「喜んで見せる」練習の成果は発揮できません。