imacoco ~手相・九星気学・易占・マヤ

東京都府中市で手相鑑定・九星気学の運気鑑定・易占やマヤ暦を使った開運アドバイザーをしています。私自身、日々開運活動にいそしんでます。

昇仙峡

6月9日は一白中宮の重なる開運日だったので、吉方位開運旅行で山梨に行ってきました。

車が無いので甲府駅から山梨バスで。山梨交通・04系統(敷島営−昇仙峡滝上) 昇仙峡滝上行き。終点の「昇仙峡滝上」までは約50分、920円です。

 

昇仙峡は滝や石から波動をもらえるパワースポット。

今までも何回か来ていますが、今回は東京オリンピックに合わせて用意されたのか、色々と新しいものやお店ができていました。

f:id:misaroundf:20210611065950j:image

この水晶噴水にはちょっと驚きました。コロナが無かったらさぞ賑わっていたでしょう。

 

こちらは以前からある『山梨ワイン王国』

ここにしかない甘いワインが美味しいです。
f:id:misaroundf:20210611065957j:image

車じゃないからオリジナルワインの試飲ができます。4本買って自宅に送りました。あと、葡萄のお酢とか「葡萄のめぐみ」とか。

f:id:misaroundf:20210611110522j:image

公式サイト

山梨でワインを選ぶなら記念日やプレゼントに最適のワインを提供する山梨ワイン王国

 

貴重なワインも試飲させて頂きました。残り5本しかないと言うことでしたので次に行ったときにはもうないでしょう。ちなみに1本13,000円。
f:id:misaroundf:20210611070014j:image

 

お昼は、昇仙峡に新しくできていた「わらじ」と言うお店でいただきました。
「県民セット」は、山梨の土地のものをまるっといただけます。
f:id:misaroundf:20210611071132j:image

本当はウナギの店のようです。

甲州郷土料理 わらじ - 竜王/うなぎ [食べログ]

 

お腹を満たしてから昇仙峡を下りました。

下から登ったこともありますが、下るほうが断然楽。

 

昇仙峡最大のパワースポット『仙娥滝(せんがたき)』

マイナスイオンと浄化パワーがいっぱいです。


f:id:misaroundf:20210611065941j:image

 

昇仙峡の途中に、以前は無かった七福神
f:id:misaroundf:20210611070003j:image

 

帰りは、ちょっとしたご縁があってタクシーに乗りました。

タクシーだと最短コースで20分ちょっとで甲府駅まで戻ってきました。

やっぱり車があると便利ね。(お酒は飲めないけど!)

 

宿泊は甲府駅から徒歩1分、甲府城に隣接している(というかお城の中)「城のホテル」

新しくできたとても快適なホテルです。

ポイントは屋上に天然温泉があること。開運旅行には温泉が大事ですからね。

ちなみにその露天風呂からは富士山が見えます。

f:id:misaroundf:20210611065953j:image

1階にワインサーバーがあり、フロントで1枚500円のカードを購入して飲むことができます。


f:id:misaroundf:20210611065944j:image 1杯250円と500円のワインがありました。もちろんお店でいただくよりもお安いです。

 

翌朝のビュッフェでも土地のものをたくさんいただきました。

コロナ禍なので小分け済み。一つ一つがほんのひと口ずつなので、取りすぎることがなくて良いですね。

f:id:misaroundf:20210611071627j:image

とはいえ、食べ過ぎ? 笑

これは完食しましたよ!

 

チェックアウトして、甲府駅から徒歩10分で行ける「甲府成田山不動堂」にお参りして、お不動様の気をいただきました。


f:id:misaroundf:20210611070006j:image

書き置きですが、ご朱印もあります。

f:id:misaroundf:20210611110607j:image

 

私は、お寺のおみくじでは大概厳しいことを言われるのですが、ここでもガツンと指摘されました。

f:id:misaroundf:20210611110911j:image

 

「良きも悪しきも移り気」というのは、私の自覚している欠点のひとつです。熱しやすく冷めやすい、持久力がない、すぐに飽きる、九紫火星あるあるです。

 

「ひとの言うことに乗らず」「よくよく思案して」というのには、実は心当たりがあり、まさに思いつきでいろいろと動いてました。

今年九紫火星が変化運というのもあって、ある新しいことに惹かれていたのです。

そのことをお不動様からも注意された気がします。

実際は自分でも占って「ダメ」と出たので半分あきらめていましたが、ちょっと未練もあったんです。しかし、これで吹っ切れました。

 

f:id:misaroundf:20210611110929j:image

「うっかり物事に手を出すべからず」

はい!すみません!

 

このおみくじの中で「悦び事なし悪き事あり」というのが気になって、

「災い転じて福となす」「吉凶変転」「凶は吉に転じてください」

と念じながら帰りました。

 

すると、すぐ近くに愛宕神社を発見。

存じ上げませんでしたが、もちろんご挨拶に伺いました。 


f:id:misaroundf:20210611065936j:image

その愛宕神社でおみくじを引くと、なんと大吉。

f:id:misaroundf:20210611110939j:image

 

しかも「禍も転じて幸いとなる」と、たった今願ったことがそのまんま書かれているではないですか。

f:id:misaroundf:20210611110943j:image

ありがたいことです。

 

山梨らしく、葡萄と桃を買って帰宅しました。

f:id:misaroundf:20210611114620j:image

 


f:id:misaroundf:20210611070009j:image

次は紅葉の時期に行きたいです。

 

運気と肌つやの話

f:id:misaroundf:20210607140942j:image

以前ブログで紹介した、マヤの「青い手」をもつKさんの新規オープンのお店に行ってきました。

吉祥寺から徒歩3分。駅近のとても可愛いお店です。

 

6/1にOpen「毛穴ケア専門サロンNipe」

〒180-0003

東京都武蔵野市吉祥寺南2-8-4 K31ビル203

営業時間 10時から18時(最終受付16時)

定休日 日曜、祝日

 

もともと国分寺のメナードでエステシャンをしていたKさんのフェイシャルマッサージの気持ち良さに惚れ込んで通っていたのですが、このたび独立開業するということで、これからはそちらのお店に伺うことにしました。

メナード時代のクリームがけっこう残っているので、それをボトルキープしてもらっています。笑

 

タイトルの運気と肌つやの話ですが、これはスピ界では昔から言われていることでもう常識レベルなんですけど、肌つやと運気は比例します。

特に「金運」「良縁運」を上げたかったら、肌つや大事です。

 

よく、いまいちパッとしないひと、運のない人を「くすんでいる」とか「煤けている」とか言いますが(後者はよく某麻雀漫画で見ましたよね)、それは肌や髪の毛のツヤに現れるのです。

 

斉藤一人さんは「顔にツヤがあれば不幸にならない」と言い、Dr.コパとその娘さんのドーターコパも「運気をあげたかったら肌にツヤ感を出しましょう」とよくおっしゃっています。

 

私の知り合いの風水鑑定士は「毛穴が黒ずんでつまっていると幸せになれない」と断言し「台所と風呂のカビを掃除しなさい」と言っていました。

彼女に言わせると「毛穴がつまっている女の台所は、たいがい隅っこが黒カビで汚れている」のだそうです。

こわい。

それを聞いて以来、シンクの黒カビに神経質になっている私です。

 

まあ、台所のシンクもお風呂もキレイにしておいた方が運気アップなのは間違いないです。が、それ以前に毛穴のつまりを取りたいのなら専門家にお願いしましょう。

 

 

75歳のご婦人が言ってました。

「年取ったら美人の基準は肌と髪のキレイさだけ」

なるほど。

私は、美魔女を目指しているわけではなく、運気アップのため、開運アクションでエステに通って、毛穴やたるみのケアをしています。

しかし、今までの人生で「美人」と呼ばれたことのなかった私も、ひょっとしたらあと20年もしたら美人の仲間入りかもしれません。爆

 

そんなわけで、皆様にもぜひおすすめします。


f:id:misaroundf:20210607140945j:image


f:id:misaroundf:20210607140938j:image

 

小さくで見づらいかもしれませんが(老眼の私だけ?)

フェイシャルは6600円(税込)で1時間たっぷり、フェイシャルマッサージとデコルテのエイジングケア、パックに、ビタミンC美容液、最後は日焼け止めまで。至れり尽くせりの施術を堪能できます。

 

アメブロ
ameblo.jp/keana1231

インスタグラム
https://www.instagram.com/keana_nipe_kichijoji

 

 

 

 

天山遯(てんざんとん)~ 逃げるが勝ち

私は、政治やギャンブルについては占わないと決めていますが、
都民として生活にかかわる問題だと思い「東京オリンピックはどうなるか」について易占をたてました。少し前の話です。

 

f:id:misaroundf:20210526074149p:plain

天山遯(てんざんとん)の四爻を得ました。

〈爻辞〉
「好めども遯る。君子は吉。小人は否」
このめどものがる。くんしはきち。しょうじんはひ。

〈意味〉
「心惹かれるものがあっても退き逃げる。君子は吉。小人ならできない」


「天山遯」とは「逃げる」「退く」ことについて説いた卦です。
この四爻は、後ろ髪を引かれながらも逃げるべき時には潔く逃げることができます。

なので私はこの時、東京オリンピックは中止になると判断しました。
この四爻は本来、正しく逃げることができる卦です。
しかしここに来て、何が何でもやるという気配が濃くなっています。

君子は吉。小人は否。

君子なら退くことができるけれども、器の小さな者にはできかねる。

日本は小人の道を選びそうですね。


新井白蛾(江戸中期に易学を究めた儒学者はこの卦を「貴人、山に隠るる」の象と言いました。
現場を離れ、山にこもって、現場が落ち着くのを待つ。
私もそうします。

ちなみに天山遯は、易でいう「十二消息卦」で新暦の7月を表します。開催月ですね。

 

f:id:misaroundf:20210526075733j:image

ほかの薔薇の第一花が終わったころにいっぱい咲いてくれるドロシー・パーキンス。

後姿になってた。ごめん。

 

 

 

 

 

 

「いまさら」じゃなくて ~昨日の鑑定から思ったこと

おかげさまで、連日鑑定のイベントが入っています。

突然ブレイクしちゃった。「新月の誓い」のおかげだわ。

と、調子に乗りましたが、担当者から、

「コロナのせいで1対1のイベントしかできないんです。ハンドメイドも食事会もできなくて、できるのが占いだけなんです」と、タネ明しがありました。

いずれにしても、毎日たくさんのご縁をいただけて感謝です。

 

昨日は50代女性を何人が鑑定したのですが、その時に言われたこと。

「子どもも独立したし、私はもういいんです」

「今さら何かできるという年じゃないし」

「若い時はもっといろいろやってみたいと思ったけど、今は欲が無くなって」

「いちいち他人と比べなくなったんですよね」

「健康ならそれでいいです」

 

全部が同じ人の言葉ではなくて、数人の女性がそれぞれ言った言葉です。

「他人と比べなくなった」と言った方が私と同じ年で、あとはみんな私よりも年下でした。

44年生まれの四緑木星の方が何人かいて、

「今年は発展運です。盛運ですから積極的に動いてください。新しいことを始めるのは大吉ですよ」

と言うと、上のような「いまさら」「もういい」という答えが返ってきました。

 

コロナのせいでいろいろな活動が制限されていますし、なんとなくやる気がダウンしているのは分かるのですが、その「なんとなく」という気分で、自分の可能性にフタをしてしまうのは、とてももったいないと思いました。

 

50代は「いまさら」という年ではありません。

マヤ暦では52歳の時に、生まれてきたその日のKINになり、人生の2周目に入ります。

生まれてから52年間で学んだこと経験したことを踏まえて、第2の人生が始まります。

九星気学でもこの年は必ず震宮入り、新規スタート大吉の年になります。

 

この2周目の人生は、ミッションに目覚めた自分の本当にやりたいことをやる人生。魂が喜ぶ人生にすべきだと思っています。

できれば人生の苦行は51歳までに終えて52歳からは好きなことをやって、それで自分も周りも幸せ、というのが私の理想です。

 

ちなみに私は45才で22年間務めた会社を辞めて、占いの学校に入りました。

お客様が増えてちゃんと収入を得られるようになったのは50歳くらいからですが、まさに52歳で「鑑定した相手に喜んでもらえる」「感謝してもらえる」「元気になってもらえる」ということを肌身で感じるようになり、これを生涯の仕事にしようと思いました。

 

52歳から始めてもあと20年くらいやることができます。仮に10年でもいいです。10年続けたら、たいがいのことはプロレベル。(いえ、仮に続けなくたって、その時何かやったということには必ず意味があります)

「いまさら」とか言わず、新しいことにもチャレンジしてください。

と、昨日お会いした四緑木星の皆さんには言いました。

 

そして、「私はもう心が落ち着いて誰とも比べなくなったし、こうなりたいと言う気持ちも特にない」と言っていた私と同じ九紫火星の方にはこう言いました。

「他人と比べない」というのは私も大賛成です。

でも、他人と比べないことと自分をあきらめることは別だと思います。

自分の中には、他の人とは違う可能性がまだまだたくさんあります。

「こうありたい」という希望や理想を思い描くことは、欲ではありません。

 

みんな幸せに より良い人生を。

なんとなくもういいや、今さら、と思っている人に届けと思ってブログに書きました。
もちろん、50代だけの話じゃないです。

f:id:misaroundf:20210521104139j:image

 

 我が家のチェリーボニカ、雨にも負けずに咲いています。

 

 

 

やりたいことがわからない

鑑定をしていてよく、

「私は何に向いてますか?」と聞かれます。

仕事を探しているひと、転職を考えているひと、なんとなく今の環境に馴染めてないひと。

 

得意分野、ミッション、運気を上げるアクション。それについては、手相でみることもマヤの紋章や九星気学でもみることができます。

自分の本質を知ってそれにあった仕事につくというのは、とても良いと思います。

 

しかし、ここでもまた私が少し心配になるのは、こう相談される方の多くが、自分自身では「何がしたいのがわからない」と言うことです。

 

何かやりたいことがあってそれは向いているかと聞かれたら、私も張り切って鑑定しますが「特にやりたいことは無い」と言われると、「もっと自分を大事にしよう〜」と言いたくなります。

 

やりたいことが分からないひとの多くは、自分が本当に好きなものを見つけようとしてこなかったのだと思います。

きっと優しいひと、または真面目なひと、もしくはその両方で、周りの期待に応えようと自分の嫌いなこともがんばっているうちに、本当に好きなことがわからなくなっているのかもしれません。

 

実は私も会社で働いていた時そんな状態でした。

幸い、私の場合は病気になって気づくことができました。

それから私は自分を大事に、自分(の魂)が喜ぶことをやろうと決めて実行しています。

 

以前、誰かが「自分が本当に好きなものを思い出したかったら4才くらいまで記憶をさかのぼって」と言ってました。まだ人と比べたりせず、期待に応えようとしたりせず、損得勘定も無く、無邪気に自分の好きなことをやっていたころを思い出して、と。

 

ちなみに私はお絵描きが好きでした。それは今の仕事にはつながってません。笑

でも、そんな子どものころの気持ちに返って、自分が本当にやりたいことは何なのかを考えるのも必要です。

 

その上で、それを鑑定で知った自分の本質やミッションと結びつけると、たくさんシンクロが引き寄せられます。

 

f:id:misaroundf:20210512074229j:image

アイスバーグ」この薔薇は日陰でもがんばって咲いてくれる健気な子です。

 

 

 

 

 

勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。

 

これは、名将と呼ばれた野村監督の言葉です。

ラッキーで勝つことはあるが、敗戦には必ず敗因がある。不運だけによる敗戦はない。それをきちんと分析することが、次の勝利につながるということです。

 

なにゆえこんな言葉を唐突に出すかと言うと、「いつも振られている」「つき合っても長続きしない」というひとが「結婚できるでしょうか」「すてきなパートナーは現れるでしょうか」と占いを希望されたので。

 

占い師は出てきたものを読み取って、良かれと思う言葉を告げます。ご縁をいただいた人には幸せになってほしいのです。

鑑定で運気のいい時期や場所なども分かります。ラッキーアクションもラッキーアイテムも。恋愛運や結婚運を上げる吉方位旅行のお勧めもします。

でも忘れないで。不運だけによる敗戦はないのです。

 

「いつも振られている」「つき合っても長続きしない」

それはなぜなのか。

答えは占いではなく自分自身の中にあるのではないでしょうか。

 

幸いにも、人は勝利よりも敗北から学ぶことが多いのです。

今までの失敗から何を学ぶのか。何を修正していくべきなのか。

占いではなく、自分で考えることも大切だと思います。

 

恋愛相談に限らず、自分の中に答えがあるものって多いですよ。

占いを信じないのではなく、たよりすぎない。

 

先ほど失敗とか敗戦とかいう言い方をしましたが、悪いことも良いことも、全ての出来事は意味があって自分の人生におきていることです。

良いことは、ご褒美。

悪いことは、気づきのチャンス。

 

自分ひとりで考えてもまったくわからない。家族にも親友にも聞けない。という場合はご相談くださいね。

 

追伸

あと、自分で考えた結果が「やっぱり自分がダメだからだ」「嫌われる性格なんだ」などマイナスの考えで終わってしまうひとも、ご相談ください。

ネガティブな思いはネガティブな波動を出して、ネガティブなものを引き寄せます。

結果、同じことを繰り返します。

気づきとは、あくまで「プラス」のものです。

 

 

f:id:misaroundf:20210511190136j:image我が家の「シャリマー」

この薔薇ばっかりマメコガネに愛されて花びらがボロボロです。

 

 

 

 

 

節入りに寄せて ~行田八幡神社と花手水

今日は立夏です。

(が、日本時間では15時47分なので、私の開運旅行用の吉方位一覧では明日から節入りとしています。よろしくお願いします)

 

ようやく土用が開けました。と、同時に九紫火星の私は発展運・スタート運の震宮(三碧木星の定位置)に入りました!

スピード感が大事な時なので、アクセルを踏んでいきたいと思います。

 

しかし、震宮入りは何もかも良いことばかりというわけではありません。

蒔いた種が芽を出して成長するという運気なので、良い種をまけば良い芽が出ますが、悪い種をまけば当然悪い芽が出ます。

4月が坤宮(二黒土星の定位置)で努力・準備運、種まきの月でしたので、いくつか種を蒔いてはみたものの、果たしてどう出るのか。

思ったような芽が出なくても、仮に悪い芽が出てきたとしても、それにはちゃんと意味があります。

発展運の震宮にいるのに悪いことが起きたとしたら、今までやってきたことを反省したり、見直したりするチャンス。

あと、自分に勢いのある時ほど周りが見えなくなりがちなので、スピード感といってもたまに立ち止まって、ちゃんと確認することも大切。そう自分に言い聞かせています。

 

先日、ご縁があって埼玉の行田八幡神社に行って参りました。

f:id:misaroundf:20210428205903j:image

行田八幡神社は「癌封じ」「難病封じ」「ぼけ封じ」などで有名な神社。

私は42歳の時に乳がんになり、もう一つ30代からずっと「リンパ脈管筋腫症(LAM)」という難病を持っています。

(とはいえ普段はほとんど意識していません。経過観察で年一で病院に行くたびに思い出す感じです。毎年12月なので、一年を振り返って感謝するのにちょうどいい機会になっています)

「がん封じ」「難病封じ」も私にドンピシャ! そしてこれからは「ぼけ封じ」もお願いしたいですね。よろしくお願いいたします。

 

f:id:misaroundf:20210428205849j:image

境内にはきれいな花手水がありました。


f:id:misaroundf:20210428205845j:image


f:id:misaroundf:20210428205830j:image


f:id:misaroundf:20210428205838j:image


f:id:misaroundf:20210428205856j:image

行田は花手水で町おこしをしているようで、市内のいたるところできれいな花手水を見ましたよ。

 行田『花手水week』 | 埼玉県行田市観光ガイド - 行田市観光NAVI

 


行田八幡神社の「結びいちょう」では、今の仕事を通じてみんなを幸せにできるようにお願いしました。

f:id:misaroundf:20210428205900j:image

f:id:misaroundf:20210428205833j:image

自分の占いでひとを幸せにするなどと言うのは大変おこがましい、と以前は思っていましたが、ある時、そんな覚悟なら中途半端に占いなどすべきではないという天啓を受けました。

同時に、世の中のひと全員が自分の仕事を通じてひとを幸せにしているという誇りを持って働くのだという言葉もいただきました。

 

「仕事はお金を得る手段で、夢や希望や楽しみは仕事以外にある」と言う人もいます。

それはもちろん否定しません。楽しみは仕事以外にいっぱいあって良いと思います。私もあります。

ただ、自分の仕事がひとの役に立つ、ひとを元気にする、ひとを幸せにする、と思えたら、それはとても幸せなことですよね。最高に幸せですよね。

マヤ暦のシンクロポイントでも「夢に大義名分をつけよう」「自分の仕事と世のため人のためを結び付けよう」とよく言っていました。

 

本日、震宮入りの日に改めて宣言します。

私は、ご縁をいただいた人に自信や勇気や希望が生まれる鑑定をして、みんなが幸せになって、その結果自分が幸せになります。

 

具体的な幸せの定義を聞かれることがありますが、心穏やに暮らすことが一番だと思います。

あと、つい最近、今まで思ってもみなかった夢がひとつ降りて来ました。それは次回書きます。←思わせぶり。笑