imacoco ~手相・九星気学・易占・マヤ

東京都府中市で手相鑑定・九星気学の運気鑑定・易占やマヤ暦を使った占いなどやっています。日々、開運活動にいそしんでます。

灌仏会〜人間に生まれたありがたさ

今日、4月8日はお釈迦様の生まれた日です。

私が座禅会でお世話になっている慈恵院でも、昨日(1日早いけど日曜だから)降誕会が行われました。

降誕会は「灌仏会」「花まつり」ともいわれます。

お釈迦様がお生まれになったとき、天上界から竜王が表れて香水を注いだという故事になぞらえて、香水に見立てた甘茶を誕生仏にかけます。

f:id:misaroundf:20190408072610j:plain

こちら、慈恵院のホームページからお借りしました。

(この左のお花の手前に私は座っていました)

 

右手で天を指し左手で地を指している姿が、お釈迦様の生まれた時の姿、誕生仏です。

 

お釈迦様は、ルンビニー園という花園で、摩耶夫人の右脇からお生まれになったとき、その直後に七歩歩いて、右手で天を指し、左手で地を指し、「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と言いました。

 

脇から生まれたんかい!いきなり七歩も歩いたんかい!

というツッコミところはありますが、お釈迦様のスゴさを表現しているのでしょう。^^

そして天上天下唯我独尊」

この言葉、よく「自分が一番偉い」と思っている人のことを「唯我独尊だからね」とか陰で言ってませんか。(すみません。私は昔言ってたことがあります)

「この世で唯だ我独りが尊い」という解釈からでしょうが、お釈迦様が自分のことだけを「尊い」と言ったというのは間違いです。

 

生まれてきたものは皆、ただひとり尊いのです。

誰と比べることもなく、天にも地にも自分一人、その自分が尊いのです。

お釈迦さまは「すべての人は仏性を持つが故に尊い」とも言っています。

 

その尊い自分をないがしろにしてはいけません。大切にしないといけません。

他人と比べて嘆くことはありません。

そう感じる灌仏会の朝です。

 

 

 

f:id:misaroundf:20190408072607j:image

  

 

 お釈迦さまは、人として生まれたこと、仏性を持つことは、

「大海の底にいる一匹の目の見えない亀(盲亀)が、百年に一度だけ海上に浮かび上がり、そのとき、海上を漂っていた流木(浮木)のたった一つの穴に頭を突っ込むこと」

くらい「有難い」こととだとも言っています。(盲亀浮木)

 

小冊子「花園」の漫画です。

お釈迦様が可愛いです。

f:id:misaroundf:20190418065921j:image

「お生まれになったばかりなのにご注釈まで!」にウケました。笑