読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imacoco 手相と気学でゆるゆる開運

九星気学と手相を使った運気アップの話や都内でのイベント情報を更新します。

吉方位に行って運を上げる

九星気学 吉方向旅行 イベント

九星気学で運気をあげる方法として、「吉方位に行く」ことをお勧めしています。

「開運旅行」とも「祐気取り」とも言いますね。

九星による本命星を使って、自分の本命星に合った吉方位へ行きます。

◆本命星の一覧はこちらから↓

本命星早見表 - 手相と気学で大開運

 

吉方位には、自分にとってプラスの気が流れていて、それを体内に取り込むことで、運気が上がるのです。

吉方位は年や月ごとに変わります。細かく言えば日でも変わるのですが、来月、2016年の11月は年盤と月盤が重なる大開運月です。

ぜひ、吉方向に行って運気をあげてください。

 

2016年(二黒・申の年)

11/7~12/6 (二黒・亥の月)

吉方位

九紫火星 北西

八白土星 北・南・東

七赤金星 なし

六白金星 なし

五黄土星 北・南・東

四緑木星 北西

三碧木星 西・東

二黒土星 北・南・東

一白水星 北・南・西

☆日盤も重なる大開運日は 11/9、18、27、12/6

 

方位は自分の今住んでいる(寝ている)場所を中心に見ます。

旅行なら30㎞以上ないと影響ありません。

 

六白と七赤の人は、今年開運方位の南東が月破にあたるので、

残念なことになっています。

月破とはその月の干支の真反対の方角

物事が破れやすい凶方位です。

来月「亥」の月破は「巳」で南南東。

ピンポイントで東南東をめざせば大丈夫?

同じ南東でも凶意は半分なので、プラスマイナス、長い目で見れば運気アップという説もあります。

その場合、日にちを考慮したほうがいいですね。

 

11/3(木・祝)に立川の夢工房で「手相と気学のワンコイン講座」を開催します。

access - yumekobo

また不定期で「吉方向セミナー」(2時間3000円)も開催しています。

・九星盤の見方

・九星の相性

・行ってはいけない凶方位

・自分にとっての吉方向

・祐気取りの方法

自分で吉方向がわかるようになります。

お気軽にお問い合わせください。