読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

imacoco 手相と気学でゆるゆる開運

九星気学と手相を使った運気アップの話や都内でのイベント情報を更新します。

仕事にいかす手相術①はじめに

手相 仕事にいかす手相術

私は22年間、ナイスでロングでチカラでカタチの(わかる人だけわかる)某生命保険会社に勤務していましたが、手相を学んで、「もっと早く知っていれば、あのとき仕事に活かせたのに」と思うことがしばしばありました。

 

手相を知ることは、自分を知ること。

同じように、手相を見せてもらうことで相手を知ることも可能です。

 

社内での人間関係も、営業相手とのやり取りでも、

「彼を知り己を知れば 百戦殆うからず」

 

いや、戦うわけじゃないから。戦わないから。

手相も上手に使うと、コミュニケーションに活かせるという話です。

 

例えば、

「私、手相を勉強したんですよ」と言うと、相手の反応は、

すぐに手を開いて見せてくれる人もいれば、さりげなく手のひらを隠す人もいます。

それだけでも、相手の性格や、自分との距離感がわかります。

 「手の内を見せる」という言葉もありますが、心を開いていない相手に手の内をさらけ出す人はいません。

手を開いて見せてくれるということは、少なくともその程度には、オープンな気持ちで接してくれているんだなと思えます。

(もちろん、とても親しくしていても手相は嫌だという人もいます。)

 

見られたくないという人の手相を無理に見てはいけません。

思い切り拒絶されるか、その場はともかく、嫌な感情を持たれます。

それでは大失敗。

 

試しにやってみるなら、

「私、手相を勉強したんですよ」と言いながら、まず自分から手のひらを開いて見せて(自己開示)

相手も「へー」とか言いながら、同じように手を開いて見せてくれたら(自己開示の返報性)

手相でコミュニケーションをとるチャンスです。

 

次回から、仕事やコミュニケーションに活かせるかんたんな手相の見方をお届けします。