imacoco ~手相・九星気学・易占・マヤ

東京都府中市で手相鑑定・九星気学の運気鑑定・易占やマヤ暦を使った占いなどやっています。日々、開運活動にいそしんでます。

高岡市の有磯正八幡宮のおみくじがすごい

f:id:misaroundf:20200311101623j:image

3月7日、七赤中宮の年・月・日盤の重なる大開運日なので、吉方位の北西に行ってまいりました。同じ九紫火星のお友達と一緒に。
今回の行き先は、富山の高岡市。初めての場所です。

北西の開運効果は「事業運」「目上の引き立て運」「天からのご利益運」

神社仏閣と良いご縁が結べる方位なので、事前に調べて瑞龍寺射水神社、高岡大仏などお参りさせていただきました。

そのどれも良い場所でしたので次回ご紹介したいのですが、今回は偶然見つけた神社が素晴らしかったので、ご紹介したいと思います。

f:id:misaroundf:20200311111756j:image

その神社は、2日目、高岡の伝統工芸「鋳」を使った器づくりを体験するために行った金屋町をうろうろしていたときに偶然見つけました。

有磯正八幡宮」です。

http://ariso.s2.weblife.me/


f:id:misaroundf:20200311111753j:image

どなたもいらっしゃらなかったのですが、中に入ると天井が高くて、私も友人も何か特別な「気」を感じました。

呼ばれたご縁に感謝して、天津祝詞と神社祝詞をあげて、そしていつものように「今の私に必要なメッセージをください」とお願いしておみくじを引きました。

 

ここの神社は、万葉集の歌と解説でメッセージをくださいます。

f:id:misaroundf:20200311101545j:image

 派手な態度や言葉で表現したくなるけれど、何ごとも控えめな態度が好感を呼びます。

 

心当たりが・・・・・・あります。

 

私は「ラッキー」「ツイてる」「感謝」を口癖にしていて、大きなことから小さなことまで、なんでもかんでも「ツイてる ツイてる」とFacebookなどのSNSに書いておりました。(開運アクションの一つです。もとは斎藤一人さんあたりから来ています)

ただ、最近は「(コロナウィルス騒ぎで)休演が決まった劇団新感線を滑り込みセーフで見られた」とか、「宝塚休演したけど、持ってるチケットが再開日の10日」とか、個人的には本当にラッキーですが、休演で見られなかった人を不快にするかもしれない、思慮の浅い書き込みもしていました。

「ツイてる」「ラッキー」「感謝」は確かに運気を上げる口癖ですが、自分に聞かせる言葉であって、ひとにひけらかすものではないと反省させられました。

 

ちなみに私の友人は、旅行の前日に実家の犬が危篤状態と連絡をもらっていて、新幹線の待ち合わせの時から目を赤く腫らしていて、旅行中もずっと気にしていました。

その彼女のおみくじの歌が、大伴旅人

浅茅原 つばらつばらにもの思へば 故りにし郷し 思ほゆるかも

お言葉には、

「故郷のことがいろいろと気になりますが、今を楽しむ心のゆとりも大切です」

とずばり書かれていました。

 

 

 

有磯正八幡宮、おみくじすごいです。

 

 


f:id:misaroundf:20200311111406j:image

この子は、射水神社の近くの高岡古城公園動物園のもこちゃん。とても人懐っこい羊ちゃんで、自分から近づいてきてくれます。