imacoco ~手相・九星気学・易占 

東京都府中市で手相鑑定・九星気学の運気鑑定・易占をやっています。日々、開運活動にいそしんでます。

龍樹菩薩の「指月の譬え」〜満月で思ったこと

昨日は綺麗な満月でしたね。

龍樹菩薩の「大智度論」に「指月の譬え」というのがあります。

 

『我、指を以って月を指し、汝をしてこれを知らしむに、汝は何んぞ指を看て月を視ざるや』

 

月の在処を教えるために指でさし示しているのに、何故指を見て、月を見ようとしないのか。

 

月は真理、指は経典の例えです。

大事なのは真理であって経典ではない。

経典は仏法の真理を示すための言葉だけれど、なぜその言葉だけを見て、その先にある真理を見ようとしないのか。

 

大切なのは言葉ではなく、その先にあるもの。

 

これは仏教の世界に限らず、私たちの身近にもある話ですよね。

 

「その言い方 問題」というのがあります。

言ってることはわかるけど、その言い方が嫌!というやつです。

 

「そんなに食ってるとデブになるぞ」

 

カチンときますが、龍樹菩薩の「指月の譬え」に学べば、言葉の先には「食べすぎは良くない」という真理があるだけです。

「その言い方 問題」は残りますけどね。笑

みんながみんな龍樹菩薩の「指月の譬え」を会得しているわけではないから、言い方にも気をつけたほうがベターですね。

 


16日の日曜日は七赤中宮が重なる開運日だったので、大吉方位の南に行ってきました。

江ノ島です。

そこで見た月もきれいでした。

 

f:id:misaroundf:20190618073229j:image

 

この龍樹菩薩の「指月の譬え」は、月(真理)は一つだけれど指し示す指がそれぞれ、という宗教上の問題も含んでいる気がします。