imacoco ~手相・九星気学・易占・マヤ

東京都府中市で手相鑑定・九星気学の運気鑑定・易占やマヤ暦を使った占いなどやっています。日々、開運活動にいそしんでます。

直感が冴える

おはようございます。

大相撲千秋楽を終えてブログ更新します。ええ、私は出ていません。←しつこい

千秋楽の結びの一番、すごかったですね。鶴竜関のがんばりにも感動しました。

そして、貴景勝関の大関昇進も嬉しい。

小さな体(角界比)で強い取り口、応援したくなりますね!

 

すみません。相撲ブログじゃないので、開運話をします。

先日、東の吉方位の運気をいただきに、銚子に行ってきました。

f:id:misaroundf:20190322125445j:image

これは曇から顔をのぞかせてくれた朝日です。

 

開運旅行を重ねていると、運気が上がるのはもちろんですが、直感が冴える・・・ことがある。今回はその話です。

 

今回、東吉方位の開運旅行に一緒に行ったMちゃん、同じ九紫火星なのでちょくちょく一緒に行っています。

その彼女が「前回、開運旅行で足利織姫神社に行ってから立て続けにいいことがあった」とのこと。聞けばいろいろなラッキーがあったのですが、中でも「おおっ!」と思ったのがこれ。

 「いつも仕事の帰りは各駅停車で座って帰っているのに、その日だけ何故か、特急に乗らなくちゃと思って」

乗ったらすぐに「人身事故があって次の駅でしばらく止まります」とのアナウンス。

「その次の駅が自宅の最寄り駅だったので事なきを得たけれど、いつもの各停に乗っていたらそのあと何時間も家に帰れないところだったよ」と。

 

良かったね!

サラリーマンなら皆わかる。通勤電車は辛いもの。帰りは多少時間がかかっても座って楽をしたい。その一方で、一刻も早く家に帰りたい。

私も、電車が事故で止まったらその事故を起こした人を恨んでしまう(←運気下げます)くらい、泣きたい気分になったものです。

それを回避できたMちゃん、まさに直感冴えてます。

 

私の経験でも、あるイベントの日、いつものように府中駅に出るバス停の真ん前まで行きながら、ふと「時間もあるから、武蔵小金井まで歩いてJR経由で行こうかな」と思って、JRに乗って初めて京王線の人身事故を回避していたことを知った、ということがありました。あのままバスに乗って行ってたら大勢の人に迷惑をかけるところでした。

 

皆さんも、ちょっとしたひらめきや思い付きで危険を回避できたことありませんか。

これは、宇宙(天、神様)からのメッセージを正しく受け取れたということです。

あらためて感謝して、ますます直感を大切にしたいですね。

 

ちなみに直感を磨く方法としては、「瞑想する」というのがポピュラーです。 

私も、近所の禅寺の座禅会に参加させていただいてますが、思うに、そこまでやらなくても(というほど私はやっていませんが)、日に10分でも20分でも、何も考えずに思考をリセットできればいいのだと思います。

ボーっとする時間、何も考えない時間を作る。

その時に大事なのは、呼吸。ゆっくり吸って、ゆっくり吐く。

吐くときのほうを長くするのがポイントです。

私は15秒を目指しつつ、だいたい10秒くらいですが、これもあんまり気にすると、頭を空っぽにできないので、最初の何回かの後は気にしません。

 

瞑想というと、結跏趺坐や半跏趺坐、胡坐などでやらないといけないと思っているかもしれませんが(本来そうなのかも知れませんが)、椅子でも良いと思います。

私は神社や、気持ちのいい公園のベンチなどでもたまに瞑想します。

色々な埃汚れやサビが取れて、ピカピカの宇宙アンテナがピッと立つ気がします。