imacoco ~手相・九星気学・易占 

東京都府中市で手相鑑定・九星気学の運気鑑定・易占をやっています。日々、開運活動にいそしんでます。

自灯明~自分の中の灯を消さない

今日2月15日は、お釈迦様が入滅された日です。

私は近所の禅寺の坐禅会にゆるく(すみません)参加しているのですが、そこでは先週の日曜に「涅槃会」が行われました。

 

そこで、お釈迦様の最後の教え「自灯明・法灯明」のお話がありました。

師が亡くなったら何に頼ればよいのかと嘆く弟子のアーナンダに対して、お釈迦様の言葉。

「自己を灯明とし、自己をたよりとして他人をたよりとせず、法を灯明とし、法をより所としなさい」

 

かつて、この言葉を聞いたときの私は、

「そう、最後に信じるべきは自分自身のみ!」

と理解したのですが(それも間違いではないのでしょうが)、このたび少し違う考えが浮かびました。

 
「自己を灯明とし」

自己の中に灯明を灯す。

自分の中にある神仏を磨いて、それに従えと言われている気がしました。 


坐禅の時、白隠禅師坐禅和讃」を皆で唱えますが、

始めの言葉は衆生本来仏なり」で、最後の言葉は「この身すなわち仏なり」

です。

白隠禅師坐禅和讃」は、漢文が多かった禅宗の典籍の内容を、庶民にもなじみのある日本の言葉で表したものです。わかりやすく覚えやすいのでご興味があれば、お調べください。

仏教では、人は誰でも「仏性」ありと言います。

お釈迦様の教えは、その仏性を、法(教え)をより所として磨き輝かせ、それに従えと言っているのでしょう。

 

そうなると「頼るべきは自分だけ!」ではなく、自分の中にある神仏を頼りにしていいのだと、心強い話です。

 

f:id:misaroundf:20190211173511j:image

 

座禅をするのも、神社に行くのも、毎朝神棚に手を合わせるのも、自分の中にある神様と天をつなぐ行いです。

自灯明の灯を消さないように。