imacoco ~手相・九星気学・易占 

東京都府中市で手相鑑定・九星気学の運気鑑定・易占をやっています。日々、開運活動にいそしんでます。

がんばらない

今年の九紫火星は、中宮回座。

f:id:misaroundf:20180604080104j:image

 

中宮に入ったときの注意点は、

我を張らないこと。

中宮にいると、ついつい「私が!私が!」と主導権を取りたくなるのですが、

それだと八方塞がり

八方通ずにするためには、

自分は動かず、周りに感謝して動いてもらうこと。

自分は「調整役」が良し。

 

と、年始から言ってましたね、私。

九紫火星の自分にも、もちろん言い聞かせてました。

それで、仕事はまずまず順調に行ってたのですが、

なんと、思わぬところでやってしまいました。

 

私の住むマンションにはペットクラブがあり、交代で2年任期の役員を務めます。

役員6人のうち毎年3人が新人。私は、去年から役員になり、今年2年目です。

去年は、とてもしっかりした先輩役員がいて、行事の計画も準備もスムーズに進んでいたのですが、今年は何かと遅れがち。

打ち合わせが延期になったり、集まっても何も決まらなかったり。

「これは、いかん」

カチッとスイッチが入ってしまいました。

私が仕切らないと!

結果、「私が!私が!」で2カ月進め、今月いよいよ大事な行事が行われるのですが、今年の会長に言われてしまいました。

 

「井上さんが全て仕切った方が上手くいくと思うので、あなたが思う通りにしたらいかがですか?」

 

ショックでした。

まさか、そんな風に思われていたとは。

 

しかし振り返ってみれば、そう言われても仕方ないほど、私、「がんばって」ました。

がんばる→我ん張る→我を張ってる  

これだーー!!

 

九紫火星のNGアクションを、どっぷりやっていたんです。

不思議なことに、やってる最中は全く気づいていませんでした。

(あれだけ、周りの九紫火星にもアドバイスしてたのに!)

 

よくよく考えたら、私の「我ん張り」は、

「自分の考えが正しい」「みんなもそれで助かるはず」

という思い込みで出来ていました。

周りはそんな私に振り回されながら、ガマンしてやってくれていたのでしょう。

 

それで、上記の言葉。

これは、天からのメッセージだと思います。

天、神様、宇宙、マスター、呼び名は何でもいいのですが、

私たちを見守ってくれている大きな存在は、しばしば大切なメッセージを誰かの口を借りて伝えます。

 

嫌なことをされたり言われたりしたら、自分を次のステージに上げてくれるチャンスと思え。と、先日、yujiさんからも言われました。

 

今回の言葉は、ステージを上げるチャンスというよりは、

知らず知らずにNG行動をとっていた私への忠告ですね。

もう一度、今年のテーマに戻って、

「感謝の気持ちで、自分は動かず周りに動いてもらう」に立ち返ろうと痛感しました。

 

がんばらない。我を張らない。

周りを信頼して、大丈夫。

 

そして、今回の件、易占を立てたのですが、

「雷沢帰妹(らいたくきまい)」の初爻を得ました。

 

帰妹娣(てい)をもってす。

跛能く履む。

征けば吉。

 

訳しますと、

副妻として嫁ぐ。足の悪い人が無理をせず歩いていくような態度なら進んで吉。

 

これは、一言でいうと、

立場をわきまえて行動すれば吉という卦です。

 

ゆっくり、そろそろと、控えめに。

自分が主導権を握ろうとすれば凶。

無理して頑張ってみても何もよいことはないという卦です。

本当にピッタリの卦が出るものだと、またまた易の不思議さに感動しました。

之卦は「雷水解」なので、解決するというメッセージでもあります。

 

f:id:misaroundf:20180604083849j:plain