imacoco ~手相・九星気学・易占 

東京都府中市で手相鑑定・九星気学の運気鑑定・易占をやっています。日々、開運活動にいそしんでます。

われても末に〜 縁について考える

先日、「復縁を希望している」という女性のご相談にのりました。
詳しい内容は書きませんが、その方の運気を見て、来年の吉方位を出し、
「滞っていることが動き出す」「良い変化がある」
北東の吉方位と、
「家庭運」「努力運」のある
南西の吉方位旅行の計画を立てました。

 

大変喜んでいただいて、早速、4月と7月に旅行するとのこと。
運気アップして復縁も叶うと良いなと、切に願います。

 

ただ、

吉方位に行っても望みの相手と復縁できるかどうかはわからない

と言うのが本音です。


そんな無責任な!


と思われるかもしれませんが、
吉方位の効果は、運気アップ。
その相手との復縁が、本当に良いことなら叶うかもしれませんが、「あなたにはもっと他に良い人がいるよ!」って時は、そちらとの縁がつながるのではないかと思います。

 

瀬を速み 岩にせかるる滝川の
われても末に 逢むとぞ思ふ

 

ご存知、崇徳院の歌です。
先週の朝ドラで散々やってたので、耳にした方多いでしょうね。

 

何かで、別れた関係も、ご縁があればまたつながると思います。
そして、どんなにがんばってもつながらない縁は、それはそれで良いのではないでしょうか。

切れた縁にも意味があると考える今日この頃です。

 

2018年は、九紫火星中宮
離合集散運の年です。
誰かとの縁が切れることもあるかもしれませんが、ご縁があれば、然るべき時にまたつながります。

 

今日、12月18日は七赤中宮の月盤と日盤の重なる開運日なので、吉方位南西の伊勢神宮に来ています。

全ての縁に感謝!

 

f:id:misaroundf:20171218132651j:image

 七赤中宮の時、南西には「良縁運」の四緑木星が回座しています。

相性の良いうどんで、縁をつなぎます。

でも、伊勢うどんって本当にコシがないですねー。笑