imacoco 手相と気学でゆるゆる開運

運気アップの話や吉方位旅行の情報などゆるく更新しています。

夢工房さん

1年間、講座を開催させていただいていた夢工房さんが、このたびネクストステージに移るにあたって閉店となりました。

私の「開運手相講座」もこの3月2日が最終回。

たくさんの人にお越しいただいて、終了しました。

ありがとうございました。

 

f:id:misaroundf:20170304162833j:image

恒例の「九星気学でみる今月の運勢」と、手相講座は「手の形」、最終回なので今までのまとめとして「4大基本線」と「20の補助線」。

 

写真でなんとなく伝わると思いますが、

夢工房さんにはハンドメイド作品がたくさんあって、

可愛い雑貨、アクセサリー好きにはたまらないお店です。

 

2015年の12月18日、私が陶芸で作ってる「お相撲さん」

↓こんなの(笑)

f:id:misaroundf:20170304181059j:image

を置いてくれるところがあるという話で、初めてお友達が連れて行ってくれました。

 

2016年1月7日、夢工房10周年記念のイチマル祭にお相撲さんを納品しに行った日、偶然、夢工房美人オーナー姉妹の叔母さまがいらしていて、私の名刺を見て追いかけて来てくれて、その場で「開運手相講座」を始める話になったのでした。

 

あの日、偶然、叔母さまがいらしてなかったら。

あの時、 叔母さまが、ドアを出て階段までわざわざ追いかけて来てくれなかったら。

もっというと、知り合って間もなかったお友達のぐるりちゃん(仮名)夢工房を教えてくれなかったら。

そのぐるりちゃんと出会った女子部JAPANのイベントが無かったら。

夢工房での「開運手相講座」は無かったし、そこで知り合った皆さんとの出会いも無かったのです。

 

人の出会い、つながりって、不思議ですね。

f:id:misaroundf:20170304182821j:image

夢工房さんの10周年でお会いして、最後の1年にすべりこみでお付き合いができたこと、そこで、押切姉妹はじめたくさんの好い方たちと知り合えたこと、ホントにホントに、ラッキーでした。

 

これも、開運旅行で運気を上げているおかげ。って、そこ?!みたいな。笑

 

これからも、つながったご縁を大事にしていきたいです。

 

夢工房がなくなって、毎月の開運手相講座は、うちのマンションで開催することになりました。

一度に大勢は無理なので、6、7人の少人数ずつでやっていこうと思います。その方が、一人一人見られるしね。

 

今まで通り、第1木曜日が定例講座

土日は不定期に。

メールでお問い合わせください。

mogu☆aa.pial.jp  ☆を@に

(今まで参加されてるかたは、電話でも大丈夫です。)

これからもよろしくお願いします。

 

立川「夢工房」公式ページ

yumekobo - yumekobo

3/9(木)~18(土)まで「39展」

 

 女子部JAPAN公式サイト

 http://www.iphonejoshibu.com/

女子って年じゃなくても入部できるみたい。「私が証明です」

実家が凶方位のときは?

こんにちは。

またまたちょっぴりご無沙汰です。

実は少しの間、帰省していました。

帰省といっても、私が育った宮崎ではなく、今、親が住んでいる兵庫ですが。

 

方位の話をしていると、

「実家が今年凶方位で、帰らないと行けないんですけど、良くないですか?」

よく出る質問です。

生まれ育った場所であれば、吉方位凶方位は関係ありません。

自分の気が十分根づいてますからね。

ただし、親が移転して自分の育った場所でないところにいる場合は、やはり吉凶の影響を受けます。

なので、私も西が凶方位のときは、行きたくないのですけど(笑)、そうも言えないのが辛いところです。

なので、同じような方のその質問には、

「凶方位の影響は受けても、親孝行は運気を上げますから、プラスマイナスでゼロですよ」と答えています。

(自分にも言い聞かせてます)

 

でも、今年はようやく西が年盤で吉方位、2月は月盤でも西は悪くはないので「帰ってこい」としつこい母親を慰めるために行ってきました。

 

ところが!

母が、私が帰ってきたら淡路島に一緒に旅行したいとか言い出したのです。

嫌な予感はしましたが、調べてみたら淡路島、私の自宅からちょうど西と南西の境目です。

西は良いんですけど南西ではダメ!

旅行初日は、月で月破、五黄殺、月命殺のトリプルパンチ。

日で、日破と本命殺が重なってました。

最悪〜〜。笑

 

もう、こんなところに呼ばれるのが、運気下げてる証拠です。

 

方位の境目の話もたまに質問されますが、

吉方位は、なるべくその方角のど真ん中に行くのが良いです。

境目は気が混じるので、吉方位でも隣が凶方位なら、隣の悪い気が混ざってやってきます。涙。

 

ちなみに、日では西も五黄殺と月命殺が重なっているので、境目のどっちにしても良くなかったのですが。

そんなわけで、日の凶意はすぐ出るからなーと覚悟していたら、案の定、

受けてもいない仕事をすっぽかした(⁉︎)との恐ろしい電話がかかってきたり、

出かける前に怪我していた右手が、最悪に痛みだしたり。←これは私が怪我してると何度いってもすぐ忘れる老母にこき使われたからですが。

 

早く吉方位にいって運気をあげなくてはと思う今日この頃です。

 

でも、淡路島は良いところでしたから、次回ご紹介しますね。

f:id:misaroundf:20170225151253j:image

 

 

バスで寝て行くと運気たくさん吸収できますか。

先日の講座で出た質問です。
開運旅行先での過ごし方、「温泉に入る」「土地のものを食べる」「喧嘩をしない」などは基本ですが、

「運気は寝ているときに定着するので、着いた日は早く寝るようにしましょう」「日帰りでも、うたた寝の時間が取れたら良いですよ」と話しましたら、

「じゃあ、バスで行って、バスの中でずっと寝ているといいんじゃないですか」と聞かれました。

同時に、

「夜行バスで行くのも、行く間ずっと寝ていられるから良いんじゃないですか」という質問も出ました。

 

結論から言うと、移動中の眠りでは効果はあまりありません

 

これはいろいろな説があって、「移動していたら運気は3割ほどしか定着しない」という人もいれば、「移動していたら運気定着ゼロ」という人もいて、ゼロ説に言わせると「運気は体の中心(太極)を動かさずに寝ることが大事」だそうで、私はそれを聞いて、うっかり寝返りも打てないとビビったことがあります。

それは冗談としても、ほぼ全員の先生がたが、「移動中に寝ても効果は薄い」と言っているので、私も「あまり効果ない」説を取っています。

ただし、起きているよりは、運気定着すると思います。経験上。

私の経験では、吉方位旅行では移動中とても眠くなります。

一服盛られたか?!と思うくらい、突然ガクッときてグッスリです。

そんな時は起きてから「運気が定着しようとしてくれたんだなー」とありがたく思います。ええ、日頃の疲れとかじゃなくてね。

 

そして、夜行バスの話ですが、移動手段としては、新幹線も飛行機もバスも同じだと思います。特に寝て行けるから効果大ということはない。というか、どれに乗っても寝て行けるって。

しかし、夜行となると、出発日を開運日にするかどうかも迷いますよね。

基本は、開運日を旅行スタート日にしています。が、「夜行バスなら開運日の前日に出発」します。

理由は上に書いたとおり、移動中の睡眠では効果が薄いのなら、せっかくの開運日の眠りを移動につかうのはもったいないし、そもそも夜行だと、開運日がほぼ終わっているから!

吉方位旅行は、なるべく朝早くからスタートしたほうがいいです。

そして開運日の夜はしっかり寝る。

どんなに遅くなっても23時前に寝る

できたら22時くらいから寝てほしい。

そして早起きして朝日をいっぱい浴びてください。

吉方位旅行は、夜遊びよりも寝ること優先。

 

f:id:misaroundf:20170214193104j:plain

こちら、新宿南口バスタ新宿

夜行バスもたくさん利用しました。バス好きなのです。
でも、弟のお嫁さんからは「お金ないのかな」って心配されていました。笑。

 

開運講座スペシャル

今日の立川「夢工房」の講座は、新年なので「開運講座スペシャル」特別バージョンでした。

たくさんの方に申し込んでいただいて、なんと!いつも午後1回なのに午前の部も開催。

午前6人、午後15人の参加をいただきました。21人、嬉しい〜!

 

今年の運気と吉方位の話でしたが、質問いただいたことをこちらのブログに書いていこうと思います。

いっぺんは大変だから少しずつね。

 

「仲良しの星(相生・比和)のいる方位が吉方位というのはわかりましたが、相性の悪い星(相剋)がいる方位は、凶方位にならないのですか?」

 

なりません。

凶方位は、

五黄土星が入ってる方位と、その対面の方位。

(五黄殺と暗剣殺)

 

自分の星が入ってる方位と、その対面の方位。

(本命殺と本命的殺)

 

干支の反対方位。(破)

 

南に入った一白水星と北に入った九紫火星(定位対中)

 

です。

 

なので、年盤で相性の悪い星がいる方位も行ってかまわない方位ですので、月盤で仲良しの星が入ってたら、吉方位旅行に行ってください。

方位を考えるときは、相剋はあまり考えなくてもいいです。

 

 

「自分の本命星が真ん中(中宮)に来たときは、本命殺と本命的殺は、無いのですか」

はい。ありません。

なので、本命星が中宮の年は吉方位が増えます。

 

「五黄土星が真ん中の年は、五黄殺は無いのですか」

はい。そうです。五黄が中宮の年も吉方位増えますね。

 

「五黄の人は、本命殺と五黄殺が一緒ですか」

そうです。五黄の人は、常に自分の回座した方位が大凶です。

本命殺と五黄殺が一緒なので、毎年の吉方位は他の星のひとより多いですね。

 

五黄の反対方位に入った星、2017年でいうなら六白金星も、本命殺が暗剣殺、本命的殺は五黄殺と重なります。

だから六白金星の人にとって、2017年は北と南は大凶です。他の星より凶意大です。

でも、五黄の反対側に入ったときは、やっぱり吉方位は増えます。

f:id:misaroundf:20170202223826j:image

六白金星は、2017年運気低迷ぎみなので、まめに月の吉方位も行ってくださいね。

 

こういうシートで吉方位の出し方を作業しました。

f:id:misaroundf:20170202224024j:image

始めに凶方位を消すのがポイントです。

 

吉方位日帰りバス旅行

1月21日(土)は、月盤と日盤が重なる開運日でした。

私(九紫火星)の今月の吉方位は「南東」、

来月からはしばらく南東に行けないので、日帰りで行って来ました。

 

南東の開運効果は、良い縁が生まれたり、良い情報が入って来たり、遠方の人と繋がったり。

お仕事を広げたいとか、出会い運が欲しいという人にもおすすめです。

2017年(2/4~)に南東が吉方位になるのは、

八白、五黄、四緑、三碧のひとです。

(七赤、六白、一白も、月でしたら、南東が吉方位になる月もあります) 

 

今回私が利用したのは、こちらのオリオンツアーです。

ゆっくり出発!とびきりの冬!本ズワイガニ&寿司10種食べ放題&東京ドイツ村イルミネーションと蜂蜜採取体験見学!日帰りバスツアー 日帰りバスツアー(関東発・東京発)ならオリオンツアーにおまかせ。

オリオンツアーを利用するのは初めてでしたが、添乗員の大和田さんがベテランでお話も上手で、楽しかったです。

 

10時40分に新宿を出て、海ほたるに11時25分に着きました。

海ほたるで30分の休憩。

もう何度目かの海ほたるなので、展望台もお土産物屋さんも見ず、4階の足湯に直行。

f:id:misaroundf:20170123094722j:image

 やっぱり吉方位旅行と言えば温泉ですから。

(温泉が無ければ沸かし湯のお風呂でも、足湯でも良いです)

海ほたるの足湯は無料。せまいけど、10分くらいで回転するので、待っていれば入れます。

 

海ほたるの後、カニ、寿司食べ放題のお寿司屋さんに。

f:id:misaroundf:20170123094732j:image

土地のものを食べるのも吉方位旅行。

しかし、カニは房総のものじゃないよね。笑

50分食べ放題でしたが、30分ほどでお腹いっぱいに。

 

 

次に向かったのが、君津の「はちみつ工房」

ここのハチミツは、間違いなく土地のものです。これまた食べ放題。

 と言っても、やっぱりそんなに食べられませんね。

ハチミツは喉に良いかと思ったけど、喉痛くなりました。

過ぎたるは及ばざるが如し!

f:id:misaroundf:20170123094738j:imageハチミツ王子の笑顔が眩しい。

アイスクリームが100円で、それにかけて食べても美味しかったです。

 

そのあと、酒蔵に寄りましたが、団体客がブッキングしたためか?ものすごい勢いで説明が進み、トコロテンのように押し出されて、写真も撮れませんでした。笑

 

そして、最後に東京ドイツ村

行きのバスでも富士山がきれいに見えましたが、ここからもシルエットが拝めました。

f:id:misaroundf:20170123201347j:plain

見はらし台から見た全景。

f:id:misaroundf:20170123201645j:plain

光のトンネル。

f:id:misaroundf:20170123201509j:plain

約250万個のイルミネーション。さすがにきれいです。

f:id:misaroundf:20170123201556j:plain

 

18時25分にドイツ村出発で、予定通りに19時40分には新宿駅に着きました。渋滞無くてラッキー。

そして、ラッキーといえば、さっそくの開運効果か?

車内じゃんけん大会で、45人中2名しかもらえないお土産品をいただきました。

f:id:misaroundf:20170123094835j:image

じゃんけんで負けると勝ちというもので、私、最後の一人になるまで負け続けました。うふふ。

 

けっこう立派なヒモノです。

f:id:misaroundf:20170123094853j:image

早速食べましたが、美味しいです。ありがとうございました!

 

オリオンツアー 日帰りバスツアー公式サイト

日帰りバスツアー(関東発・東京発)ならオリオンツアーにおまかせ。

 

 

 

吉方位旅行の効果はいつ出るの?

f:id:misaroundf:20170117191812j:plain

今年の目標に「週一更新」と書いたのに、前回の更新からもう10日たってしまいました。ゆるすぎるにもほどがありますね。

年明け、おかげさまで「開運」「吉方位旅行」のセミナーのお話をたくさんいただいています。新年ですからね。ここで運気アップ計画立てないとね。

さて、そのセミナーで、先日、「吉方位に行ったら、その効果はいつでるのですか」という質問をいただきました。

 

よく聞くのは「1.4.7.10.13」の法則

これは李家幽竹さん、谷口令さんなど有名な先生がたも言っていて、たぶん一番わかりやすいタイミングです。

ある方位を用いた年(月)から数えて1年(月)、4年(月)、7年(月)、10年(月)、13年(月)目にその効果が表れるというものです。

十二支が一周する間に四線を書くことから現れる効果のため「四線作用」と言います。

 

f:id:misaroundf:20170117195205j:plain

2016年(申年)に吉方位で祐気取りをした場合、その効果は、酉年、子年、卯年、午年に現れるのですね。

(でも、1、4、7、10、13のほうが覚えやすいね。

そして、この説には旅行した年を一年目と考えるものもあります。その場合は、2016年に旅行した場合、申、亥、寅、巳、申年に効果が表れると考えます。)

 

そして実は、これ以外にも効果の現れるタイミングがあります。

(わりととたくさん)

 

 

「中宮作用」
用いた方位に回座していた九星が、運行して中宮に入ったとき。

 

ここで専門用語(?)をゆるく解説しますと、

運行とは、九星が毎年(月、日)動いていることで、

回座というのは、その年(月、日)の九星盤でその場所に入ってるということ。

2016年で言えば、北西の位置に三碧木星が回座していたということになります。

そして中宮とは真ん中に入ることです。

f:id:misaroundf:20170117200109j:plain

二黒中宮の2016年、わたくし九紫火星にとって吉方位は北西一択だったので、一年間ひたすら北西に行ってましたが、その北西に回座していた三碧木星が次に中宮に来る2024年も開運効果発動のタイミングということです。

年だとすごく先ですが、月の三碧中宮でもオッケーです。

 

「回座作用」

自分の本命星がかつて用いた方位に回座するとき。
その用いた星と定位星の作用を受ける。

私の例で言うなら、九紫火星が、2016年に吉方位で用いた北西に回座するとき。

f:id:misaroundf:20170117201952p:plain

2019年がその時ですね。

用いた星と定位星の作用を受けるという意味は、

用いた星三碧木星と、定位盤(五黄中宮)の六白金星(北西が定位置の星)の効果があるという意味です。

三碧には発展運があり、六白には引き立て運などがあります。

本来、自分(本命星)が北西の位置に入ったときは、やや低迷運なのですが、こうやって運気アップしていると、楽しみがあります。

 

「同会作用」
かつて用いた方位九星の定位に、自分の本命星が回座して会合したとき。
または、その星が運行して、自分の本命星の定位に同会したとき。

かつて用いた方位九星というのは、2016年の私の場合、三碧木星

私の本命星九紫火星が三碧木星の定位置(東)に回座したとき。

f:id:misaroundf:20170117204138p:plain

または、三碧木星が九紫火星の定位置(南)に回座したときにも、効果があるということです。

f:id:misaroundf:20170117204242p:plain

 

最後に、

「十二支中宮作用」

かつて用いた方位の十二支の年、月、日、時刻にその作用が現れる。

北西「戌」「亥」の方位を用いた場合、戌(2018年)、亥(2019年)の年、戌(10月)、亥(11月)にその効果が出るというものです。

 

ぶっちゃけここまで行くと、じゃあもういつでもいいよ!!って気になりますよね。

そう、いつでもいいんです。

 

年の効果はゆっくり大きく。

月の効果は、小さいけど早く。

吉方位の効果は、運気を上げてくれます。

 

 

 

日野七福巡り

f:id:misaroundf:20170108122850j:image

昨日、1月7日「日野七福巡り」歩いて巡ってきました。

スタートは9時30分、京王線百草園駅から。

最初の真照寺駅から5分恵比寿さまがいらっしゃいます。

f:id:misaroundf:20170108123216j:image

そこから次の石田寺まで歩くと30分強

けっこう長い距離ですが、まだ元気なのであっという間。

f:id:misaroundf:20170108123446j:image

 石田寺には、土方歳三の墓があります。(供養のための墓で、埋葬されてるわけではありません)

来るまでの道すがら「土方姓の御宅が多いなあ」と思いましたが、墓名もほとんど土方。

なので、最初どれが歳三の墓だかわからなかったけど、ちゃんと写真が置いてありました。

 

境内のカヤの木が立派でした。樹齢400年。

f:id:misaroundf:20170108123904j:image

石田寺七福神福禄寿です。

 

続いては、石田寺から15分くらいの安養寺

途中に土方歳三資料館がありましたが閉まってました。(月2回 日曜12時から16時まで開館)

 f:id:misaroundf:20170108125100j:image

安養寺毘沙門天

薬師堂の薬師如来さまの隣にいらっしゃいました。

 

全部のお寺でおみくじを引きましたが、福禄寿の石田寺では福禄寿、毘沙門天の安養寺では毘沙門天を引いて(おみくじについてくる金色の小さい開運アイテムです)自分の引きの強さに感動していたのですが……最後に続く

 

安養寺を出るところで11時、高幡不動尊までは30分くらいかかりましたが、

途中、高幡橋から富士山が綺麗に見えてテンション上がりました。

f:id:misaroundf:20170108135357j:image

高幡不動尊は、初詣客でごった返し。

屋台もたくさん出ていて、お正月気分を満喫しました。

f:id:misaroundf:20170108134432j:image 

高幡不動尊は、弁財天さま。

しかし、おみくじの開運アイテムに、初めから弁財天がはいってなくて、銭亀でした。

 

ちょうど12時になり、お昼は高幡不動尊門前の開運そばをいただきました。

f:id:misaroundf:20170108134719j:image

f:id:misaroundf:20170108134737j:image

開運大漁そば。1200円。

食後にたい焼まで食べ、高幡不動の門前を出たのが12時40分ごろ。

もと来た道を戻って延命寺へ。ここの30分は長かったです。

食べて身体が重くなってたから?

 

歩きに拘らなければ、安養寺から延命寺、善生寺と川の向こうを先に回って、高幡不動駅から電車で平山城祉公園駅の宗印寺へ行く方が楽だと思います。

 

f:id:misaroundf:20170108140319j:image

延命寺には寿老尊さま。

 

延命寺から善生寺は15分。

なのですが、ちょっと遠く感じます。だんだん足が疲れてきました。

f:id:misaroundf:20170108141120j:image

七福神大黒天さまです。

しかし、インパクト大はお釈迦さま。こんなお寺が京王線にあったのかと驚きました。

実は学生時代は、豊田に住んでたんですけどね。

 

 

おみくじの七福神は布袋さまがきて、ここまでアイテムダブりなし。

いない神様は弁財天さまと大黒天さま。

最後のお寺でどちらかがいらっしゃるかしらとドキドキ。

 

七福神巡り最後のお寺は、宗印寺

遠かった。

土手沿いをひたすら歩いて、40分

14時30分ころに着きました。

f:id:misaroundf:20170108142608j:image

坂の上です。

布袋さま。

f:id:misaroundf:20170108142735j:image

 

全ての七福神にお手綱が結ばれてます。

間接的に神様に触れるためのもので、引っ張ってはいけません。

 

さて、ここでのおみくじ、開運アイテムは、なんと!

弁財天さまがいらっしゃいました!

弁財天のところで銭亀だったけど、これで、六柱そろいました。

そして、唯一いない大黒さまを、私は(別の神社のおみくじで)すでに持っていたのです。

f:id:misaroundf:20170108143846j:image

 

すごい!これで七福神そろった!

ちなみに同行のHちゃんは弁財天ばかり3回も引いて(どんだけ弁財天に守られてるのか)いて、あとの神様も2つダブりだったので、思わず私はいい気になって自慢してしまいました。

それが、まさかの結末を迎えました。

 

その前に。

今回の七福神巡り、御朱印はいただきませんでした。

お参りして、手を合わせて、おみくじで七柱の神様とお話しするというのが目的。

(なので、書かれていたことはちゃんと読んでいます。アイテム集めに走ったわけでは決してありません)

このブログも、お寺ごとにおみくじの写真を載せてまとめようと思っていました。

 

なのに、写真がありません。

なぜか、家に帰ったらおみくじが全部無くなっていたのです!!

どこで落としたの~?!

 

おみくじだけ全部ポシェットに入れていて、ボタンをかけてなかったから、ポシェットをかけ直した時とかに、スポンと一気に落ちたのかもしれません。

あと、帰りの京王線を降りる時、バタバタしたからそこかも。

 

とにかく、何も残ってないのです。

こんなことってあるんだなーと驚きつつ、調子に乗ってたから神様が注意してくれたのかもと反省しました。

 

神様とはお話しできて、ご縁はできたと思います。

来年もお参りして、良いご報告ができるといいです。