imacoco ~手相・九星気学・易占・マヤ

東京都府中市で手相鑑定・九星気学の運気鑑定・易占やマヤ暦を使った占いなどやっています。日々、開運活動にいそしんでます。

大國魂神社~夏越の大祓と再びの凶

前回更新したのが5月14日で、今日もう6月の30日です。
あっという間ですね。というか、今年もう半分終わったの?

私が薔薇栽培と再放送の中国ドラマ「瓔珞(エイラク)」にハマっているうちに。
少々愕然としています。

コロナを言い訳、というわけではないですがステイホーム月間は引きこもっておりました。
3月まで(TABICAの体験案内もあって)ほぼ毎日参拝していた大國魂神社に、本日、3カ月ぶりに行ってまいりました。
夏越の大祓です。茅野輪をくぐってまいりました。

 

f:id:misaroundf:20200630192117j:image

 大銀杏のご神木も青々と葉を茂らせていて、月日の流れを感じました。

 

そこで、「大変ご無沙汰してしまいましたが、TABICAの大國魂神社のご案内&占いを再開してもいいですか」とお尋ねしましたところ・・・
またあの酉の市の時と同じおみくじを引いてしまいました!!

 

f:id:misaroundf:20200630192105j:image

 


前回同じおみくじを引いた時の記事はこちら

http://misuzukaiun.hatenablog.com/entry/2019/12/30/151530

 この時は慌ててTABICAに登録して、おかげさまでたくさんのご縁をいただいたのですけれど、
今回は「再開してもいいですか」の答えが凶なので、開催日の登録はまだやめておこうと思いました。

なにしろ、九紫火星は今月坎宮入り。慌てて活動する時ではありません。

でも、坎宮入りにしては色々と良いことも多くちょっと調子に乗ってましたので、ガツンと叱ってくれたのでしょう。

先にも書きましたが、大國魂神社の神様はわりと厳しめです。ありがたいこと。

7月7日から坤宮に移ってゆっくり運気回復、8月、9月が絶好調!の予定なので、
「来月半ばから本気出す」と思いながら帰宅しました。(それまで誠実さはどこで見せるのだ!という問題はさておき)

 

すると、いきなり今日この日に、TABICAの体験予約リクエストが!!
なんというご縁でしょう。

 

おみくじの番号は5番、易経の5番は「水天需」
「待つ」卦です。

あえて体験日の登録はしませんが、
待つことでよいご縁がいただけるのかもしれないと思いました。

(だから待つ間にも誠実であれ!と)

 

こちらTABICAの私の集客アドレスです。
ここから申込みいただいて「ブログ見てます(見ました)」と言っていただけましたら、
当日心ばかりのプレゼントをお持ちします。ふふ、ふふふ。

https://tabica.jp/travels/16536?prcd=K6gN

あと1000円クーポンもあるそうです。

良かったらぜひ使って。

私の体験じゃなくても大丈夫!

https://tabica.jp/users/31178/coupon

 

「易経」の本いろいろ ~ブックカバーチャレンジ最終日によせて

Facebookで「7日間ブックカバーチャレンジ」というのが回ってきて、昨日までに好きな本や趣味の本、6冊紹介しました。

「最終日は何にしようかな」と本棚を見たとき、やはり結構なスペースを占めている「易経」は、アイデンティティー主張するのに(笑)、外してはいけないのではないか?

そして易経を紹介するとしたとき、岩波文庫のこれでいいのだろうか?

と、悩んだ末ブログを更新することにしました。

 

(というのも、占い仲間や生徒さんから尋ねられることもあるので。参考になれば)

 

f:id:misaroundf:20200514121234j:image

 「易経」を読むとなるとこの岩波文庫の「易経 上下巻」を選ぶ人が多いんじゃないかと思います。なんとなく。

私も最初に買ったのはこの本で、小さい文字と少ないフリガナに苦労しながら読みました。

今振り返って思うに、入門編としては、結構読みづらいです。

 

そこでもう少しとっつきやすく「易経」と出会いたい方に、安岡正篤先生の「易経講座」をご紹介します。易を勉強するなら安岡先生の本は読んでおきたい。

人に差し上げて手放したのですが「易と人生哲学」もお勧めです。

f:id:misaroundf:20200514121244j:image

 ちなみに右奥の「易學入門」昭和35年に発刊されたものです。

昔、吉祥寺の古書店で500円で買いましたが、今3000円くらいになってます。ふふ。

 

ついでに、同じく古書店で安く買った昭和48年発刊 石川雅章著「決定版 易学入門」

これもAmazonで中古本が3500円になってます。ふふふ。←自慢か。

f:id:misaroundf:20200514121842j:image

 この本は、易経の解説だけではなく【占考】として、この卦が出た時の占いの結果を書いています。易学入門というより易占入門ですね。

解釈が東京スポーツ新聞ぽいと思ったところも多々あり。

f:id:misaroundf:20200514130759j:image

 

 

 そしてこちらは、今や無き某アプリの占いサークルで知り合った方から「易を勉強するならこれが一番」と言って紹介された本田済先生の「易」 

f:id:misaroundf:20200514121446j:image

これもやや難しいので入門編ではありません。中級から上級編。

色々な解釈の仕方があることを教えてくれて、勉強になります。 

f:id:misaroundf:20200514121457j:image

 

最後に「易経を勉強したい」という人に私がお勧めしていた本。

f:id:misaroundf:20200514121529j:image

 卦辞、爻辞の訳と解説が分かりやすいです。
爻辞のフリガナも親切で読み下しやす~い。

f:id:misaroundf:20200514133654j:image

 入門編として易経を読むのなら、この徳間書店の「中国の思想(7)易経がおススメです。(あくまで私の感想ですが)

ただ、これも絶版なのか、紙の本がAmazonでバカみたいな値段になっていました。

Kindle版があるようなので、ご興味あったらそちらで試してみるのがいいかも。

 

 

あと、私が易占の参考として読んだ本には、

「黄小娥の易入門」

「天牛のすぐに役立つ銭流 易経

易経 ビギナーズ・クラシックス (角川ソフィア文庫)」

「すべてがわかる384爻易占い (水沢有)」

などがあります。(他にもあるけどタイトル忘れています)

これらは易占の入門書としては、どれもわかりやすくて面白いです。

いろいろ読んで分かったのは、易の解釈は人それぞれ。

なので、本格的に占いをしたいという人は、誰か一人の易占本をたよりにするのではなく、ちゃんと元の文を知っておくことが大切だと思います。

 

最後に、おまけ。

「まんが易経入門」

f:id:misaroundf:20200514121556j:image

 

「まんが」とかいいながら、めっちゃ文章多いです。笑

 イラストが多いので64卦をイメージで覚えるのには良いと思います。

f:id:misaroundf:20200514121602j:image

 私は受験生時代(恐竜いた?!)に赤単(まだある?!)も、自分でイラスト描いて憶えていた漫画っ子なので、こういうのも好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

バウンダリー ~適切な境界線を引く力をください

先日、このブログを見ていただいているかたから、

「土用期間をイライラせずに心穏やかに過ごせるコツはありますか」

と、メールをいただきました。

 

皆さんも、自粛ストレスと土用の気の交じりで、いつになくイライラしたり、落ち着かない気分でいたりするかもしれませんね。

 

私の座右の銘「自分の機嫌は自分でとる」

なのですが、その考えに至った「バウンダリー」についてお話します。

 

バウンダリーとは、英語で「Boundary=”境界”」を意味します。

心理学では「自分と他人との境界線を引く力」という考えを意味します。

 

人の悩みの大半は人間関係からと言います。

分かりやすく「迷惑をかける、かけられる」という関係だけでなく、

「あの人のためにやってあげたいけどそれがうまくいかない」という善意の悩みもあります。

他人との「適切な境界線(バウンダリー)」を引くことが出来たら、それらの悩みから解放されます。

他人の問題を自分の問題にしない

他人の責任を自分の責任にしない

他人がやるべきことを自分がやらない

 

自分と他人を逆にするとわかりやすいと思います。

自分の問題、自分の責任、自分がやるべきことは、普通は他人に押し付けないですよね。

まあ押し付けてくる人もいますけれど、それはバウンダリーが引けていない人。

まずは「自分が」ちゃんと他人と線引きできているかどうか確認することです。

 

バウンダリーが曖昧だと、

「なんであの人は分からないんだ」とか「どうしてやってくれないんだ」とか、

相手に期待しすぎる人になっては裏切られた気持ちでイライラしたり、

「あの人のことは私が面倒見ないとダメだ」とか「頼まれたから断れない」とか、

がんばりすぎる人になってはストレスをためてモヤモヤしたりします。

 

私が母親の介護で悩んでいたときは、まさにこの状態でした。

でも、私と母親、私と弟、私と×××などなど、それぞれ「適切な境界線」を引き、

 

私と相手は違う人

私の問題は私の問題 相手の問題は相手の問題 

相手の問題を私が解決できなくても、それを負い目に感じる必要はない

逆に私の問題は私が解決すべきで、誰に助けてもらえなくてもそれは当たり前

(助けてもらえたら大感謝)

 

という思考になるとイライラもモヤモヤも晴れてスッキリしました。

 

親、配偶者、子、兄弟姉妹、恋人、親友、距離が近い相手ほどバウンダリーは曖昧になりがちです。

今、自宅で家族にイライラしている人はバウンダリーが曖昧なのかもしれませんね。

 

バウンダリーがうまく引けていれば「自分の感情も自分の責任」です。

イラッとするのは、相手のせいではなく「自分の考えから、今、自分がそう感じている」だけです。

まあ、それでいうと、自分にとって世の中全てのことは自分が感じた通りのものなんですけどね。

だから、自分の機嫌は自分でとるのです。

 

ちなみにうちのダンナは、先日やむなく出かけたあるところで、そこのスタッフにイライラしていました。

テレビを見ても、ニュースやコメンテイターの発言に怒っています。

あらゆるものと境界線が引けてません。笑

 

今、新型コロナウイルスのせいで、思い通りにならないことは多いです。

自分や家族の健康、今後の生活などが不安な人もいると思います。

でも、イライラするのも不安になるのも、結局は自分の心。

ただ前向きにポジティブにというのは難しいかもしれませんが、

人間関係にも、あらゆる出来事にも、上手に境界線を引く力が欲しいものです。

 

ラインホールド・ニーバーの祈りを引用します。 

God, give us grace to accept with serenity
the things that cannot be changed,
Courage to change the things
which should be changed,
and the Wisdom to distinguish
the one from the other.

 

神よ、変えることのできないものを静かに穏やかに受け入れる力をください。

変えるべきものを変える勇気をください。

そして、

変えられないものと変えるべきものを区別する賢さをください。

 

 

 

このブログの中で青い太文字で書かれている部分は、私がバウンダリーについて勉強した時に本やブログからいただいた言葉です。

イラっとした時(やっぱりするよね!)には見返しています。


追記)

私が昔、某保険会社で働いていたときは、自分と部下の間にも、自分と上司の間にも、バウンダリーありませんでした。だからいつも怒っていたんだなー。
当時の自分に教えてやりたい。

f:id:misaroundf:20200502104848j:image

我が家の「万葉」の一番花です。
この子は鉢植えなのに雨ざらしの所に置かざるを得なかったのですが、病気にもならずにがんばって咲いてくれています。
ありがとう。


土用の話~ガーデニングして良いの?

コロナのおかげで開運旅行に行けなかったというメールをたくさんいただいています。

今年は12月にもう一度、年盤・月盤・日盤の重なる日が来ますので、その日を楽しみに待ちましょう。

私も今月はすっかり引きこもりですが、気分転換に庭に出て草むしりをしているうちにガーデニングに精を出すようになりました。

カーデニングというと土いじりですので、

「土用にやっていいの?」

という質問もたまに聞きますので、私の考えをお答えします。

 

その前に、土用って何?

という人のために、いつものウィキペディアから。

『土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節※である。1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏立秋立冬立春)の直前約18日間ずつ。

五行では、春に木気、夏に火気、秋に金気、冬に水気を割り当てている。残った土気は季節の変わり目に割り当てられ、これを「土用」と呼んだ。

※雑節(ざっせつ)とは、二十四節気五節句などの暦日のほかに、季節の移り変りをより適確に掴むために設けられた特別な暦日。一般に雑節と呼ばれるのは次の9つ。節分、彼岸、社日、八十八夜、入梅半夏生土用二百十日、二百二十日。

 

要は「季節の変わり目」ですが、この土用の期間には、「動土をしてはならない」と言われています。

その理由は、

「土用は土公神(どこうしん・どくしん)という土の神様がいる期間なので、動土や穴掘り等の土を犯す作業が忌まれた」

から。

そこから、畑仕事やガーデニングもダメなの?って質問が出てくるのですが、

結論から言うと、春の土用にカーデニングは、やって良し!

いえ、自分がやりたいから言ってるんじゃないですよー。

 

この土公神については、もう少し詳しく調べると、

土公神は季節によって遊行し、春はかまど、夏は門、秋は井戸、冬は庭にいるとされ、遊行している季節ごとに、かまど、門、井戸、庭に関して土を動かす工事を行うと土公神の怒りを買い祟りがあると言われた。

ということです。

この説で言うと、畑はノープロブレムだし、冬以外は庭もいいんじゃないの!

ってことになりますよね。

あと、家の新築、増改築なんかも「土用の前に始めていたことは続けて構わない」という説もあり、だったら庭いじりは年中やってるもんね!

 

というわけで、質問をいただいた場合、土用期間にわざわざ増改築を着工するのはおススメしないけれど、ガーデニングくらいは問題ないですよ、とお答えしています。

ただ、冬の土用に庭を掘り起こすのはやめておきます。

どうしてもやらないといけないときは「間日(まび)」で。

 

それとは別の話で、

・土用期間は吉方位の効果は半分(凶方位の影響は倍)

・お水取りやお砂取りはしない(できない)

というのは九星気学で言われています。

あと、季節の変わり目ですから「気」が不安定ですので、新しいことを始めるのは土用明けにしたほうが良いとよく言われます。

気持ちも不安定なのでイライラしやすく喧嘩もしがちとかね。

 

この春の土用は、4/16~5/4。

その間は、心穏やかにリラックスして過ごしましょう。ステイホーム。

 

 

f:id:misaroundf:20200421102444j:image

 先日のボニカの蕾、大きく開きました。

 

 

 

ご注意~スピリチュアルに全てをあずけない

こんにちは。

残念な話なのですが、いろいろなところから、

「このコロナ禍に乗じてスピリチュアル系がボロ儲けしている」

という話を聞きました。

ボロ儲けってレベルがよくわからないのですが、確かに私のところにも有料オンラインセミナーやオンライン瞑想の案内がチラホラありました。

もちろんその多くは、家の中で過ごしている人の不安を少しでも解消したいという善意の行為だと思いますが、たまにますます不安をあおるようなメッセージを載せているものもあります。

 

このコロナ禍に霊的な意味はありません。

 

いや、あんた、前回のブログに「このコロナ禍にも意味がある」って言ってたやん!

という声が聞こえてきそうですけど(笑)

私が感じている「意味」というのはあくまで、自分にとって、社会にとって、未来に向けて、このコロナ禍により「もっとよい」道が開けるだろうと考えることです。

まるっと受け入れ良いこと探し。それは自分で考えることです。

 

このコロナ禍を「神の怒り」とか「地球が泣いている」とか、

だまされないでください。

 

厳しい言い方ですが、そうまで言わないと不安に流されて冷静な判断が出来なくなっている人も多いと感じたんですよ。

 

あと、私も気を付けないといけないと思いましたが、善意のアドバイスも間違っていることだってあります。

ある九星気学ブログで「(自粛で)遠くに行けなくても、近くで吉方位をとってください」と書かれていました。免疫力や運気を高めるのに「近くでいいから出かけて2時間くらい過ごせば吉方位の効果があります」

と言ってましたが、吉方位は近く(私のでは35キロ以内)では効果ありません

そして、近くても出かけたらウイルス感染の危険はゼロではありません

 

その方は良かれと思って言ってるので、私は非難しているのではなく、

そういう文章を見たときに「それでいいのか」と自分で考えることが大事という話です。

 

占い師が「コロナのピークは5月で、6月に収束する」(というのを見ました)と言っても、それを鵜呑みにはできません。(自分がそう感じたり念じたりするのは自由)

「あなたを遠隔ヒーリングで癒します」(なんてメッセージが来ました)というのは、ありがたい話ですが、それお金を払ってまでお願いしたいだろうか?(自分で瞑想するわ)

「コロナは人々の精神世界への扉を開く。今こそスピリチュアルを学ぶとき。人々の不安に寄り添うスピリチュアル・コンサルタントとしての需要も高まっています」(という案内を見ました。これが一番アヤシイと感じた・笑)と言われても、そんなセミナーに登録する前に「本当にいいのかな」と、よーーーく考えてください。

 

最初無料でも、気づいたら次々に有料上級セミナーに案内されて、気づいたら何十万円という昔の自己啓発セミナーのような仕組みもあるようです。

 

占いやスピリチュアル系のセミナーや、ヒーリング瞑想もお祓いも、自分の支えの一つにはなりますが、それに全部をあずけちゃいけないよという話です。

もちろん、よくよく考えて必要だと思ったら、実行していいですし、止めません。

それもこれも全部、まるっと自己責任です。

 

コロナを話題にしたスパムメールや詐欺にも気を付けてー。

f:id:misaroundf:20200413094120j:image

 我が家の薔薇が蕾をつけました。いよいよ開きそうで楽しみです。
自粛のおかげで、部屋の片づけと庭の手入れは進んでいます。

 

 

運気を磨く

f:id:misaroundf:20200410175055j:image


突然ですが、今日読んでとても良かった本があるのでご紹介します。

田坂広志さんの「運気を磨く」という光文社新書です。

これはいつも私がメールマガジンを書かせていただいている『婦人公論』の編集の方からご紹介いただきました。

いろいろな話の最後にそっと、

 

ところで、『運気を磨く』という新書ご存じですか?
最近人に勧められて読んだのですが、よかったです。
田坂広志さんという工学系の研究者の書いたものですが
ネガティブな想念をどう消すか、というお話。
 
というこの文で、無性に「読みたい」「絶対読まなくては」という気持ちになり、即購入いたしました。
別に自分が「ネガティブな想念」を持っているとか思ってはいないのですが、なんか読みたいと強く思ったのです。

 

運気を磨く 心を浄化する三つの技法 (光文社新書)
 

読みました。本当に良かったです。

いつも私が考えていたこととよく似ている、私がぼんやりと「そうじゃないかな」と思っていたことを、工学系研究者の立場からオカルトでもスピリチュアルでもなく科学的に語ってくださっています。

 

この中に語られている『ゼロ・ポイント・フィールド』というのがとても興味深かったです。

以前読んだ仏教系の本で「空海は、智慧の門(泉だったか?)とつながって、必要な智慧はそこから全て取ってくることができた」というようなことが書かれていたのですが、その門(泉?)が、田坂先生の言う『ゼロ・ポイント・フィールド』なのでしょう。

空海だけではなく私たち全員、その『ゼロ・ポイント・フィールド』につながっている。という話をぜひこの本で皆さんに読んでいただきたいです。

 

私も易占のとき、「私が占うのではなく、私やあなたがつながっている『大いなる存在』から教えてもらうのです」と常々言っていますが、その裏付けとなる説明をいただけた気がしました。

と同時に、正しい言葉を伝えられるよう一層精進しないといけないとも感じました。

 

この本のテーマ「ネガティブな想念」を消す方法として、

第一、無意識のネガティブな想念を浄化していく技法

第二、人生でのネガティブな体験を陽転していく技法

第三、究極のポジティブな人生観を体得していく技法

各項目についてわかりやすく書かれています。

ここに書かれたことを理解し実践すれば、間違いなく運気は磨かれる。

私には心からそう信じられる内容でした。しかもそんなに難しいことではありません。

 

たくさんの良い言葉や事例がありましたが、

備忘録を兼ねて大切な「五つの覚悟」を書き留めておきます。


第一の覚悟、自分の人生は、大いなる何かに導かれている、と信じる

第二の覚悟、人生で起こること、すべて、深い意味がある、と考える

第三の覚悟、人生における問題、すべて、自分に原因がある、と引き受ける

第四の覚悟、大いなる何かが、自分を育てようとしている、と受け止める

第五の覚悟、逆境を越える英知は、すべて、与えられる、と思い定める

 

 

このことは自分に何を教えようとしているのか
このことは自分に何を学ばせようとしているのか
このことは自分に何を掴ませようとしているのか
このことは自分に何を気づかせようとしているのか

 

全ての出来事に意味があると感じ、全て肯定すること。

自分は運が良いと信じること。感謝すること。

今までも意識はしていましたが、よりしっかりと胸に刻みたいです。

 

今のコロナ禍からも、たくさんの意味を感じることができます。

この時期に読んでよかった本です。

なので、みなさんにも読んでもらいたいと思いました。

 

このタイミングで教えてもらったことに大きな意味を感じました。ありがとうございました。

今日は天秤座の満月で音10の日

f:id:misaroundf:20200408093312j:image

今朝、庭から見たスーパームーンです。
iPhoneで撮った写真じゃなかなか伝わりませんが、とても大きくてきれいでした。

今日の11時36分(午前)が、天秤座の満月です。

天秤座満月のパワーは「パートナーシップ」

 

私がいて、あなたがいる。

あなたがいて、私がいる。

みんな仲良く、みんな幸せ✨  

そんな気持ちで満月パワーをいただこうと思います。

 

最近、新型コロナウイルスのせいかSNSが殺伐としています。

ひたすら政府に文句言ってる人とか、家族が感染してしまった(のはお気の毒です)恨み節とか、逆に感染者をディスる投稿とか。(だから地域の第一号には絶対なりたくないよね)

新型コロナウイルス禍以上に、人々の心が蝕まれているのを感じます。

仕事がなくなったり収入が減ったりしたら、不安な気持ちになるのは当たり前ですし、自粛が続いてイライラするのもわかりますが、それでもなるべく心穏やかに過ごしたいものです。

怒ったり恨んだりしていると、ますますネガティブなものを引き寄せます。ホント、ホント。

怒りや恨みの投稿を続けている人は、そのたび脳内でその波動をリフレインして、そのたび自分にダメージを与えているんですよ。

そのことに早く気づいて欲しいなー、と思います。

 

そんな昨今、今日は天秤座満月の日で、
しかもマヤ暦では、音10の月の音10の日で、ダブル音10の日です‼️

以前にも書きましたが、音10は「表明」パワー✨

私の習った先生は「言霊」の日と言ってました。

願いを口に出しましょう。

絵馬に書くときのように、

すでにかなったように言って感謝

 

コロナは収束してみんな落ち着きました。

元気で仲良くやってます。

ありがとうございます😊

 

仕事再開して前よりずっと収入増えました。

ありがとうございます😊

 

働き方が変わって自分と家族の時間が増えました。

ありがとうございます😊

 

コロナ禍の後、社会は新しく良い方向に進んでいます。

ありがとうございます😊

 

 

天秤座なので「バランス」も大事。

自分だけのことで秤が傾かないように、

相手のこと、社会のこともたくさん祈りたいです。今日は口にだして!